書類について


これは私のケースです。

相手は横浜信用金庫です。

 

 

条件

私は小さい法人(有限会社)の役員です。

サラリーマンの場合は少しだけ違う部分があります。

 

 

 

第1段階 

ここでローンの仮審査をあげることになります。

下記を揃えればとりあえず金融機関で

検討してもらえるでしょう。

 

注意 金融機関により多少違う部分もありますので

詳しくはその金融機関に聞いてください。

 

 

貸して貰えないときは同じ書類をもって

「他行!他行!」

 

 


公図または実測図 
土地登記簿謄本 
建物登記簿等補運 
物件写真 


建物図面

平面図
配置図
立面図
建築確認書 


現在入居状況 広さ
間取り
家賃

 

入居者契約書コピー

 (不動産屋から入手する)
又は

月の合計家賃明細

 

 

 

 

事業計画書

エクセルで作ればいいです。

例としては

「キャッシュフロー明細」

ここの表部分の満室版です。

これより詳しい物を要求されたら

書式を聞いてから作成しましょう。

 


売買契約書 (仮でも可)
重要事項説明書 (仮でも可)
基本的にこのときはまだ「仮」ですよね。

 


物件周辺地図
インターネットで調べ印刷しました。


近隣の家賃情報
インターネットで調べました。

 

 

私は法人の役員だったので

会社の決算書 3期分 付表明細付き

(繰り越し資産について敷金の返還、それに伴う長期借入金の返済)

 

 

サラリーマンの方は源泉徴収票

または

住民課税証明書(役所で入手可)

ですかね?

過去3年分とか。

これは金融機関に聞いてください。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−

  

 

第2段階

仮審査が通ったので本審査になります。

つまり正式な申し込みに必要な書類です。

 

条件

保証人は「嫁さん」と「実父」です。

 

 



印鑑証明2通
住民票(家族全員) 1通
住民課税証明書1通(直近)


相続・贈与税納税証明書(その3)
(税務署で取れます。

相続、贈与を受けていない場合(私)は

その事実が無い証明になります。)

 


嫁さん(保証人)

印鑑証明書1通
(他は嫁さんなので私ので代用できる。)

 

 


父親(保証人)
印鑑証明書1通
住民票(家族全員) 1通
固定資産税課税  1通

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


契約時に必要なもの


印紙 1000万から5000万は2万円(買い主、売り主双方)

(現在は減税で1万5千円でいい。)
土地課税台帳登録事項証明書(評価証明)
家屋課税台帳登録事項証明書(評価証明)
実印

 

契約時には保証人は関係ありません。

あくまでもローン借り入れでの話です。

 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ローン実行時に必要(登記など)

実印
銀行印
住民票1通
印鑑証明1通
土地課税台帳登録事項証明書(評価証明)
家屋課税台帳登録事項証明書(評価証明)


保証人(二人とも)
実印

−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 

こんな感じです。

最初の第一段階が判っていると

金融機関に問い合わせするのに

話が早いです。

 





【免責】当サイトの利用にあたり、万一不利益・損害が発生した場合も一切その責任を負いません
Copyright (C) Hideo Inaba, All Rights Reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO