最近読んだ本 パート1


加速成功―願望を短期間で達成する魔術 道幸 武久 (著)



「加速成功」に書かれていたあるエピソードです。

トップセールスの先輩が「とにかく本を読め。」と言います。
当然、著者はどんな本を読めばいいか訊きます。

すると先輩は「良い本」をあえて教えずに

「たくさん本を読んで、直感的にこの本はいいなって当てられるようにならないとダメ。そのためにも本を、とにかく一杯買ってたくさん読まないとダメだ。もちろん無駄な本も読むことになるよ。」

と著者を諭します。

先輩は出し惜しみをしたわけではありません。
それは良い本を自分で見つけられる様になるとわかります。

人には歩んできた人生の「バックボーン」(背景)があり、「価値観」も「十人十色」です。つまり同じ考えの人はいないのです。

学んだ事を行動に移して検証しながら自分のものにしていく、それには自分のスタイルに適した知識を選ぶ必要がある。


まったく「同感」です。




「加速成功」まず、一度読みました。


この本はヤバイです(笑)。


そして、弐回目は蛍光ペンでなぞる作業。と同時にノートに書き出し。

ここまでする本は久々です。

著者自身がが「自分は独立1年半で年収が9倍になった」ということを謳っています。
そしてそうなった「経験」「ノウハウ」が書いてあります。

といっても書いてあることは様々な本の「良いとこ取り」です。

ここが曲者です。

ホントに「良いとこ取り」なんです。


加速成功つまり「近道を探せ」です。
これは「どんなことに」でもです。



ちなみに私は「ピン」とくるものがありました。
大抵は本屋で立ち読みしてから判断するのですが、
それをせずに購入しました。


(たまにハズレもありますけどね。これは当たり!)




本の最後に

「陰徳を積む」大切さが書かれています。
これは「金持ち父さん、貧乏父さん」でもチャリティーの大切さとして書かれています。同感です。



そしてエピローグで書かれている

人間は一年ではたいしてことはできません。でも十年あれば偉大なことができるということを多くの人は知りません。


肝に銘じて

あせらず、あわてず、あきらめず

勉強、勉強です。






雨の降る日曜は幸福について考えよう 橘 玲著




「雨の降る日曜・・・」を読みました。
この本は「黄金の羽のエッセンス」と帯に書かれています。

前著を読まれていない方のために「黄金の羽」を簡単に説明いたします。

それは現在の日本における「公的」制度の「歪み(ゆがみ、ひずみ)」により利益を得られる部分です。

詳しくは下記の前著をご覧ください。
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門 橘 玲著

ユースド(中古本)なら300円+送料で650円程度から購入できます。


「雨の降る日曜は幸福について考えよう」

日経新聞日曜版に連載されていたものを本にまとめたものです。

一部、私が思うに「過激な意見」もありますが、全般的にいままでの本の「まとめ」というか「概略」という感じで読みやすいです。

項目
「人生設計」
「生命保険」
「年金」
「医療」
「教育」
「不動産」
「資産運用」
「市場経済」


この著者の本を読んできている人には繰り返しになりますが、
「まとめ」として再度読むには最適です。


「よくある質問とその回答」
この項目は私が真っ先に読んだところです。ほかの部分はうる覚えですが、何となくわかります。
25ページ足らずですが、面白いです。


「正しさの問題」
私はここに書かれている提言に対しすべての意見に賛成ではありません、しかし、著者が言いたいことは理解します。

これもいままでの著書に書かれているものがほとんどです。しかし、部分部分で提言されていて「まとめ」て書かれてはいませんでした。
もしかしたら、ここが「肝」かもしれませんね。


気が向いたら読んでみてください。
(なぜ、気が向いたら?と書いたか。
それは加速成功の一番最初で解説しています。)



【免責】当サイトの利用にあたり、万一不利益・損害が発生した場合も一切その責任を負いません
Copyright (C) Hideo Inaba, All Rights Reserved.
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO